プロポーズ翌日から始めたいこと【美容編】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

私は以前から気になっていて調べていたのですが、これから花嫁になる方にもぜひ共有したいことがあったので、今回は「ブライダルエステ」についてお話ししていきます。

ブライダルエステとは

結婚式を挙げる場合、通常であればウェディングドレスを着用します。

ウェディングドレス姿の花嫁というのは「結婚式の主役」といっても過言ではなく、新郎にとって、家族にとって、友人にとって最高に素敵な瞬間となることは間違いありません。

当然ながら、結婚式当日を迎える花嫁は「自分史上、最高のキレイを実現したい」と思うはずですよね。

そして、この結婚式当日を最高に美しく迎えるためのエステを総称して「ブライダルエステ」と呼び、主にウェディングドレスを来たときに見える部位を対象にした施術をおこなっていきます。

ブライダルエステの目的

ブライダルエステの目的は明確で、通常のエステとは異なります。

通常のエステの場合は、気になるところ定期的に施術していくことで改善を図っていきますが、ブライダルエステの場合は「ドレスが映えるボディやフェイシャル」を中心に、結婚式当日までの間で施術していきます。

また、見た目だけでなく結婚式当日を自信を持って迎えてもらうよう、様々なアドバイスやお悩み改善なども大切です。

ブライダルエステでできること

美肌ケア

タイミング:6ヶ月〜2ヶ月前(おすすめは6ヶ月前から)

回数:1回〜十数回まで予算や期間に応じて選択可能。
所要時間:120分(カウンセリングを含む)

フェイシャルを中心に、デコルテや背中・二の腕などドレス姿で露出する部分のお肌を、汚れを除去したりパックやマッサージなどでキレイに整えるケア。

お悩み合わせてニキビ対策や美白・毛穴ケアなどもサロンによってはご対応可能です。

引き締め・痩身

タイミング:6ヶ月〜2ヶ月前

回数:お身体の状態によって異なりますが、1ヶ月に1〜3回程度がおすすめ
所要時間:施術内容によって異なりますが、40分〜120分程度を目安に

主にドレス姿で露出するボディラインやフェイスラインの引き締め。
姿勢の改善をしたり、脂肪マッサージや専用のマシーンを使用して、燃焼効果を高めたり老廃物の排出を促します。
部位別では、二の腕の引き締めを選択する人がかなり多く、フェイスラインや背中に続いてウエストおなか・お尻も人気です。

シェービング

タイミング:2週間〜挙式前日

回数:1〜3回程度
所要時間:フェイスのみ40分、デコルテラインも含めると120分程度
※二の腕などもご希望の場合は事前のご予約などが必要です。

御化粧のりを良くするためにも式前のシェービングは大切です。
自分でおこなうこともできますが、式前にお肌を傷つけてしまったりすると大変ですので、プロにお任せしたほうが確実性があります。

リラクゼーション

タイミング:挙式準備中〜直前

回数:予算やお時間に応じて対応可能
所要時間:予算やお時間に応じて対応可能

花嫁の方で多く見られるのが、挙式直前までの緊張です。
そのため、全身をもみほぐしたりアロマでトリートメントをおこなったりすることで、緊張感を和らげることができます。これまでのブライダルエステが容姿に対してのアプローチだったのに対して、挙式前のタイミングでは「癒し」を目的としたアプローチをしていきます。

さいごに

いかかがだったでしょうか。
今回ご紹介したもの以外で、ジムトレーニングや小顔ケアなどもおすすめです。

自分のコンプレックスなどに対して、適切なものを選んでいくと良いと思います。
最後まで読んでいただきありがとうございました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*